▲TOP▲

表彰盾プレートの名入れ比較

表彰盾とオリジナルトロフィー

石井トロフィー

サイト内検索 電話をかける Emailで問い合わせる

表彰プレートの名入れ方比較

  1. 石井トロフィー TOP
  2. 表彰プレートの名入れ方比較

石井トロフィーにおける、表彰盾のプレートの名入れ方法の比較 比較表

石井トロフィーにおける、表彰プレートの名入れ方比較

石井トロフィーにおける、表彰盾のプレートの名入れ方法の比較 解説

名入れした多様な表彰プレート例 表彰盾のプレートに名入れや絵柄を表現するには、「彫刻系」と「印刷系」の2種類の方法があります。

彫刻系の中には、さらに「レーザー彫刻」「2D内部レーザー」「3D内部レーザー」「サンドブラスト」「写真レーザー」「ドリル彫刻」「ダイアモンドカッター」「腐食加工(薬品エッチング)」があります。

レーザー彫刻は、ガラスから金属、アクリル、木材など、多くの素材に彫刻することができ、曲面や狭いスペースにも彫刻することが可能です。カラーの表現はできませんが、素材により、単色の色入れは可能です。

レーザーによるガラスの内部への名入れ 2D内部レーザーは、ガラスの内部に厚みのある半立体の文字やロゴを再現でき、奥行きが使えるので、文字やロゴを重ねることも可能ですが、彫刻範囲の余白や形状に制限があります。

3D内部レーザーは、ガラスの内部に、360度、立体で物や風景、人物、動物、イラスト等を表現できます。そのため、製版代はどうしてもやや高価になり、データ作成にも時間が掛かります。

サンドブラストは、比較的安価に、早くガラスに名入れができる方法で、石材に名入れする場合にも用いられます。精細なデザインには不向きで、カラーは表現できませんが、単色なら色入れは可能です。

写真レーザーは、濃淡の表現が必要な写真などの内容を、ガラスの内部に再現できるという特徴があります。カラーの表現はできません。

ドリル彫刻には、手彫りと機械彫りの2種類があり、仕上がりが早く、深く彫刻できるので、凹色入れが容易であるという特徴があります。一方、限られた書体でしか刻印できず、ロゴ等の彫刻はできません。

ダイアモンドカッターによる彫刻の特徴は、彫りの深さは浅いのですが、彫刻した部分に独特の光沢があり、美しく見えるということです。ドリル彫刻と同様、指定書体やロゴの彫刻はできません。

腐食加工は、文字やロゴ等を凹凸で表現する方法で、色入れやメッキ、各種表面処理などで、多彩な表現が可能です。凹色入れ式なので、色と色を隣同士にはできません。

印刷系の名入れ 印刷系の中には、さらに「オフセット印刷」「シルク印刷」「インクジェット印刷」「アルマイト染色(印刷)」「アルミレジスト(印刷)」「箔押し/ホットスタンプ」があります。

表彰盾のプレートでオフセット印刷をするのは、多色刷りであったり、大量印刷、またグラデーションが必要な時などです。少量印刷には向きません。

シルク印刷をするのは、指定の特色が必要な場合や、背景がベタ塗りの場合、また、平面でない対象物に印刷する場合です。名入れなどを個別に差し替えるケースでは、割高になります。

インクジェット印刷は、製版をする必要がありませんので、個別の差し替え印刷、また多色が必要な場合に重宝します。ただし、印刷面が平面であることが必須で、印刷の耐久度は弱めです。

アルマイト染色は、製版代がシルク印刷に比べ安価で、早く仕上がるという特徴があります。指定色は使えず、工場にある決まった染料のみの着色になります。

アルミレジストでは、メタリックの表現や、金色と銀色の混合が可能です。一方、指定色は再現できず、また工程が多いため、原稿によっては時間が掛かる場合もあります。印刷(染色)された部分が多少盛り上がるという特徴があります。

箔押し/ホットスタンプでは、布、木、樹脂などの素材に、光沢のある金や銀が表現できます。一方、小さい文字や精細な表現はできません。

以上、表彰盾のプレートに名入れや絵柄を表現する方法について、解説いたしました。

表彰盾やクリスタルトロフィーのオーダーメイドなら
東京荒川区の老舗メーカー「石井トロフィー」へお任せください!

TEL:03-3807-8541

FAX:03-3803-3842

営業時間:10:00−19:00(月〜金)
ご不明点等ございましたら、お気軽にお問合せください。

お問い合わせフォームはこちら